スポーツ界から活用されるビッグデータ。一般社会に浸透するのはいつか?

ONE TAP の画面
ONE TAP の画面

引用

 

 ラグビー7人制の男子で日本の4位躍進に最新のIT技術が大きな役割を果たしていた。日本のベンチャー企業「ユーフォリア」(橋口寛・宮田誠共同代表)が開発した「ONE TAP(ワン・タップ)」。選手の体調をデータで一括管理し、万全の態勢で試合に臨むことができたという。

 

 

 「ワン・タップ」は体格で劣る日本人の弱点を補うための肉体改造や、体調管理の徹底化を図るために開発された。選手は毎日、体調や疲労度のレベルを数値で申告し、コーチが選手の体調データを管理。疲労度の高い選手は練習を控え、けがの防止にも役立てる。

 

そうかにゃん女の子募集

 

 ビックデータ時代ならではの技術といえ、昨秋のラグビー・ワールドカップ(W杯)で南アフリカを破った日本代表が活用した。当時のエディー・ジョーンズ・ヘッドコーチは選手の疲労度を見極めて限界ぎりぎりまで鍛え上げたといわれる。

 

石垣島でリゾバ募集

 

 ラグビー7人制の4位も偶然ではなく、「大きなけががなく、ほぼ同じメンバーで最後まで戦うことができた。データ管理の成果」(宮田代表)という。

 

草加城店舗スタッフ募集

 

 サッカーやバレーボールでは、相手の動きや戦術の変化をデータで打ち込んで解析し、結果を試合に生かす動きも出ている。今後はさらに、人工知能(AI)の活用も期待される。

 

草加城女の子募集

 

 スポーツ強化のためのデータサービスを行う「SAPジャパン」の馬場渉氏は「リオが“ビックデータ五輪”なら、東京は“AI五輪”。AIで最善策を導き出す端末にアドバイスを求める時代に来ている」と話している。

 

そうかにゃん女の子募集

感想

 ビックデータの活用によりラグビーは大きく進化したようです。この「ワン・タップ」のようなもので会社も社員の状況を管理出来るようになれば、業務の改善が大いに期待出来ます。

 そしてこのデータを利用して今度はAIが判断を下すようになるでしょう。

 楽しみなのか怖いのか、よくわからないような時代になって来ましたね。

 

 あわせて⇒変な話しばかりのリオオリンピックだけれど、ITの進化で案外面白いものが見られるのかもしれない もご覧になると、良いかもです。

 

石垣島でリゾバ募集