ペットの見守り、20代のペット所有者でもカメラ設置は20パーセント程度

NHK貧困女子高生問題
NHK貧困女子高生問題

引用

[株式会社ジャストシステム]

ペット向けサービス利用動向調査

 

~犬派も猫派も、約半数が「ペット用の非常食や飲料水を常備」~

中略

 

 

【調査結果の概要】

■スマホ世代の5人に1人が、「留守中は見守りカメラで、ペットの様子を外出先から確認」

世帯で犬や猫を飼っている20代のうち、「ペットの写真・動画の共有」「ペットのしつけ」など、ペット関連のスマートフォンアプリを利用している人は46.9%、ペットの話題や写真などをSNSに投稿している人は77.3%でした。スマホ世代とも言える20代は、ペットの飼育や情報共有でもスマートフォンを活用しているようです。

また、1時間から3時間ほど留守にするとき、ペットが快適に過ごせるよう工夫している20代は78.2%にものぼりました。工夫していることとしては、「見守りカメラを設置し、外出先からでもスマートフォンで様子を確認している」が他の年代よりも顕著に高い結果となりました。

中略

■3割が「ペットと一緒に宿泊旅行をしたことがある」

犬や猫の飼い主のうち、ペットと一緒に宿泊旅行に行ったことがある人は30.2%でした。

ペットとの旅行で宿泊先を選ぶ際に重視したことは、20代が「周囲に気を遣いすぎず、ペットと一緒に過ごせる」(52.1%)に対し、30代以上の年代は「ペットと同室に宿泊できる」でした。

 

そうかにゃん女の子募集

感想

 20代でも20%程度の普及率。それでも「他の年代よりも顕著に高い」ということは総じてそこまでみんな見てない見たいですね。

 でもペット見守りカメラは防犯にも使えるから普及して欲しいかな?

 ペットとの宿泊旅行…といっても、飛行機に乗せるとなると大変だから、車で行ける範囲じゃないでしょうか?

 旅行中ペットを預かってくれるペットホテルの利用状況もあれば、さらに複合的な視点で見れたのでは?と思わせるデータです。

 

石垣島でリゾバ募集


草加城店舗スタッフ募集
草加城女の子募集
そうかにゃん女の子募集
石垣島でリゾバ募集